【オタク専用の結婚相談所↓】

今回、マッチングアプリのマリッシュで恋活・婚活をされたオタク女性に感想レポを聞くことが出来たので、こちらでご紹介します。

 

意外と知られていませんが、実はマリッシュ(marrish)はペアーズ等と同様、コミュニティ機能(マリッシュではグループと呼ぶ)があります。

 

もちろんオタク向けのグループもあり、会員数が多いものですと

  • アニメ好き!(男性:7255名、女性:2191名)
  • ゲームが好き!!(男性:9445名、女性:2535名)
  • 漫画好き!(男性:6745名、女性:3532名)
  • オタク系の彼女、彼氏でもOK!!(男性:1835名、女性:728名)

といったグループがあります。

 

もちろんこれ以外にも、より細かなオタク趣味、各作品や各声優ごとのグループもあり、この辺りはペアーズ等と変わりません。

同じ趣味の男性や、趣味を打ち明けても引かれない男性を見つけるには、こういったコミュニティ機能のあるマッチングアプリが効率的です。

 

 

また他のマッチングアプリと違い、ニックネーム、生年月日、性別等を入力するだけで会員一覧画面に行けるという最大の特徴もあります。

この部分だけ入力すると、すぐに会員一覧へ行けます。

 

他のマッチングアプリだと、長ったらしいプロフィール設定や、自己PRを先に入力しなければならなず…そこまでして良い男性が全くいなければ時間の無駄ですよね。

 

一方でマリッシュの場合は、上で挙げたように

  1. 一瞬で登録男性の一覧画面に行くことができ、
  2. 良い男性がいなさそうなら、すぐに退会できる

と、時間の無駄を防ぐことが出来ます。

 

ぜひ一度は登録してみて、オタク趣味を理解してくれる男性を探してみてください。

 

⇒マリッシュの公式サイトはこちら 

 



オタク限定の婚活パーティーはこちら

オタク女性による、マリッシュの感想レビュー・口コミ

今回、マリッシュのオタク恋活・婚活レポをしてくれる女性のプロフィールは、以下の通りです。

Aさん
Aさん
30代女性
身長:160cm
体重:50kg台(太ってもいないけど細くもない標準体型)
職業:会社員
オタク趣味:最近は刀剣乱舞。毎日ログインしてますが割とライトな感じで、所謂「刀剣女子」と呼べるほどのことはしていません。※推し刀の展示には何度か行ったことがあります(笑)。欠かさず見たり読んだりしている作品はありませんが、ゲーム音楽やアニソンに胸アツするぐらいには好きです。

マッチングアプリの中で、マリッシュを選んだ理由

Aさん
Aさん
アニメや漫画オタクは、以前に比べればある程度市民権的なものは得た気がしますが、それでも苦手な人は苦手だと思います。どうせなら自分の趣味を理解してくれるような人に出会いたいと思ったからです。

マリッシュで真剣に出会いを探している男性の割合は、どれくらいでしたか?

Aさん
Aさん
8割ぐらいはいる気がします。

マリッシュで、サクラや業者を見かけましたか?

Aさん
Aさん
いなかったと思いますが、飛び抜けてイケメンなのにいつまでも残ってるような人はいました。

プロフィール写真は、どのようなものを何枚設定しましたか?

Aさん
Aさん
あまり顔がドンと出ないもの、角度を研究してキレイに映ったものを数枚設定しました。

マリッシュで、自己紹介文やプロフィールには何を書きましたか?

Aさん
Aさん
私は確かにアニメや漫画が好きですが、「好き」のベクトルや熱量は人それぞれなので、あまり期待を持たせないように注意して紹介文を書きました。
中には私ぐらいサラッとライトな人もいますが、「寝ても覚めても推ししか考えられない」「推しのために仕事を辞めた(変えた)」「推しのために借金した」などずぶずぶに沼に浸かってしまっているような人もいると思います。
私は相手を尊重しながらも自分のペースや「好き」の度合いは守っていきたかったので、それなりに合わせはするものの、無理はしようとはしませんでした。そうすることで後々つらくなりそうだし、自分自身が推している作品やキャラクターを嫌いになってしまいそうだったからです。

アプリを利用していた期間、送ったいいねの数、貰ったいいねの数、マッチング数、実際に会った人数、マッチングしてから会うまでにかかった平均日数、付き合った人数

Aさん
Aさん
アプリを利用していた期間:半年ほど
送ったいいねの数:40
貰ったいいねの数:120
マッチング数:30
実際に会った人数:0

あなたは、どのような男性を狙っていましたか?

Aさん
Aさん
アニメや漫画が好きだけど、自分の生活を一変させてしまうほどのめり込んでいる人は嫌でした。「聖地巡礼に行きたい、仕事なんかどうでもいい、何なら辞めてやる」と言う人は嫌で、「聖地巡礼に行きたい、でも最近仕事が忙しいから時間が取れないな、繁忙期が明けてから有休を取って行こう」というように、分別がつく人を探していました。
仮にその人と意気投合して付き合うようになり、将来的に結婚した場合、前者のような人だと生活が苦しくなるのは目に見えているので…。

マリッシュのメッセージでは、どのような内容のやり取りを、どれくらいの頻度でしていましたか?

Aさん
Aさん
最初は好きな作品などを挙げていきましたが、そればっかりだとネタが尽きてしまうので、日常生活を送っていく中であった面白かったことや嬉しかったこと、嫌だったことなどを交えてやり取りしていました。
アニメや漫画の話ばっかりだとその人がどんな人なのかわからないし、普段どんな風に生活しているのかもわからないので…。無難に普段は何をしているのか、休日はどうしているのかなど、そういったことを聞いていきました。
嫌がる人もいそうな気はしていましたが、みんな何だかんだ話してくれるし、こちらにも質問を投げかけてくれるので長く続いたと思います。ペースとしては大体1日2回ぐらい、お互いに負担になりたくなかったので、どんなに興味がある人でもそのぐらいのペースを守りました。

マリッシュでマッチングした男性のプロフィール(年齢、容姿、職業、オタク趣味、性格、その他の特徴など)

Aさん
Aさん
実際には会いませんでした。誘われたことはありますが、私が予定が合わなかったり、予定が合っても躊躇してしまったのが悪かったんだと思います。
マッチングした人は、大体年上が多かった気がします。私が自分自身学生の頃の作品が好きだったので、「その作品懐かしいね」と感じる年代の人が多かったです。
職業はフリーターの人がそれなりにいた気がします。実家暮らしの人もそこそこいました。
「けいおん!」や「涼宮ハルヒの…」のような雰囲気の作品が好きな人が特に多く、「○○のコスプレって興味ある?」と聞かれたこともありました。これはちょっと気持ち悪かったです(笑)。好きな作品の話をし始めるとなかなか止まらず、話題を変えるのが大変だった記憶があります。

全体的に、オタク女子としてマリッシュの評価・評判をお願いします。

Aさん
Aさん
特にオタクの男女にターゲットにしたサービスではないので、オタクの異性だけを求めて利用していると期待外れになると思います。中には「私(僕)もその作品好きなんです」と意気投合でき、理解してくれるような人もいるかもしれませんが、同じぐらいの割合でオタクを毛嫌いしている人もいます。
なので自分でオタクであること、オタクの異性を求めていることを全面的にガツガツ押し出さず、最初はジャブ程度にアピールして行った方が成功率は上がる気がします。
仮にオタクの異性に出会えても、自分と方向性が違えば意味がないですし、それを考えると自分と様々な面が合致する人はなかなかいません。「オタクな人がいい、オタクな人じゃなきゃ無理」と最初から決めていると難しい。相手にも相手の趣味嗜好があるので、自分ばかりズイズイ我を通そうとするのもよくない気がしました。

 


以上が、マリッシュを利用されたオタク女性による口コミ・評判でした。

女性は無料ですし、せっかくグループ機能があるので、ぜひ一度オタク趣味を受け入れてくれる男性を探してみてください。

⇒マリッシュの公式サイトはこちら 



【毎週開催のアニメコンはこちら↓】