彼氏いない歴=年齢のオタク喪女が婚活して結婚するまで<体験談>

こんにちは、ヲタ麻呂です。

 

今回は彼氏ない歴=年齢のオタク女子だった方に

  • 喪女から恋愛したい、結婚したいと思ったきっかけ
  • どのような恋活・婚活をしたか
  • 彼氏が出来たり結婚してわかった、喪女が結婚するために必要なこと
  • 恋人や結婚出来て良かったと思う事

について聞くことが出来たので、こちらでご紹介しますね。

 

ただしその前に、少しこの「恋人いない歴=年齢」という事について考えてみます。

というのも、どうも喪女についてコンプレックスに思っている方が多いと感じたんですよね。



オタク限定の婚活パーティーはこちら

彼氏いない歴=年齢のオタクは珍しくない。〇人に1人は喪女

私もオタク恋活・婚活で色々な女性と出会ってきましたし、またイラストスクールに通っていた際にできた腐女子の友達もおりますが、彼氏いない歴=年齢のオタク女性は特に珍しくないと感じました。

そもそも、いつも紹介している某オタク婚活サイトのアンケートでは、登録している婚活中のオタク女子の31%(約3人に1人)が恋人いない歴=年齢と答えています。

 

  • 中高が女子校のような環境だった人
  • そのせいで男性に免疫がなく、ズルズルと年齢を重ねてしまった人
  • オタク趣味や、同じ趣味の同性とつるんでいたのが楽しくて、恋愛を意識したことがなかった人

などなど、見た目も中身もいたって普通なのに、偶然が重なりあって未だに喪女…という女性に沢山で出会ってきましたね。

 

ただし、つるんでいたオタクグループの友達の中でも彼氏が出来てきたりして、それを見て羨ましく思ったり、取り残された気持ちになって恋活・婚活を始めた方が多かった気がします。

少し前までは同じ濃いオタクだったのに、彼氏が出来たとたんに急に見た目にも気を使うようになって、彼氏の話しかしなくなる子が多いんだとか。

少し前までは、グループ内ではオタクの話しかしなかったのに…。

 

そんなノロケ話を聞いていると、何となく自分が劣っている風に感じてしまうと悩んでいる方もいました。

そんなことがきっかけで、彼氏が欲しいなぁ、結婚したいなぁと思いだすオタクの女性が多いようですが…。



スポンサードリンク

彼氏いない歴=年齢のオタク女子って、引かれる?

次にネックになるのが、この部分ですよね。

「彼氏がいたことが無いと言うと、どこかに問題があるんじゃないかと思われるのでは」という不安もわかります。

 

そこで今回、非オタクの男性にアンケートを取ってみたところ…。

37歳男性
37歳男性
全く引かないしかまわない。人との出会いなんていつどうあるか分からない。人との出会いが多いから幸せだったり成功者とは思えないし逆もまたしかり。
年齢も関係はない。大事なのはお互いの気持ちだと思う。個人的に恋愛を始めるのに遅すぎるという年齢は無いと思っている。逆に男を頻繁に変えるような女性の方が苦手だし遊び好きに思えて嫌だ。
20歳男性
20歳男性
引きません。性格が合ったから、付き合うのであって、前に彼氏がいなくても、二人の関係には関係ないと思うからです。
30歳男性
30歳男性
特に引いたりはしません。恋愛は意外と押しの強さにかかっていると思います。だれしもが自分に自信はないものですし、そこを一途に好きと言い続けて相思相愛になれば成就すると思います。
年齢=異性交際歴無しの人は、何らかの経験(性格が大人しい、いじめ被害経験があるなど)で自己肯定感や自信がないだけだと思います。
オタクとは、なにかに一途になれる人種であるという証明でしょうから、本当に心の底から好きになってもらえればオタク趣味と同じで一生大事にしてもらえる可能性が高いです。なので特段、引く理由はないですね。

 

 

とまぁこんな感じで、喪女でも気にしないという方ばかりでした。

ちなみに最初に紹介したオタク婚活サイトのアンケートでは、オタク男性に限っては「相手が彼氏いない歴=年齢でも結婚相手の対象になる」が92%でした。

 

処女厨は論外だとしても、まともな男性でも身持ちの固い女性が好きと言うのが本能です。

喪女に引くという男性がいるとすれば、それは彼が都合のいい相手を探しているだけだと思うので、こと婚活・結婚という段階であれば男性経験がない事が不利に働くことはまずありません。


///オタク専用の結婚相談所///

オタク喪女の恋活・婚活…どう始めればいい?

ということで、お待たせしました。

元「彼氏いない歴=年齢のオタク女子」に、

  • 喪女から恋愛したい、結婚したいと思ったきっかけ
  • どのような恋活・婚活をしたか
  • 彼氏が出来たり結婚してわかった、喪女が結婚するために必要なこと
  • 恋人や結婚出来て良かったと思う事

を聞いた結果を、ご紹介します。

 

 

↓各見出しをクリックしていただくと、中身が開きます。

 

オタクの親友の結婚がきっかけで婚活を始めたAさん

1人目:オタクの親友の結婚がきっかけで婚活を始めたAさん

父や兄の影響で小学校の時からオタクで、話のわかる友人と漫画やゲームの話ばかりしていました。

中学生になってからはオタク友達も増えたためオタクに拍車がかかり、また容姿もデブスだったのでクラスでも「痛い」と思われる程浮いた存在になっていました。

 

高校入学後は気の合う友人たちにも恵まれ青春を謳歌しましたが、特殊な学科で男子がほぼいない為実質女子校のノリだったので、彼氏なんかできる訳もなく。

高校卒業後は上京し、学生生活の傍らオタクイベントへ趣き、二次創作を行ってはネットに公開する日々。

 

メイクやおしゃれも勉強し都会の雰囲気に触れて垢抜けつつありましたが、どことなくモサい女オタクでした。

社会人になってからは金銭的にも余裕ができ始め、ファッション等にも更に気を使い始めましたが、今まで異性とまともに接したことがなくモテた経験もない為、恋愛・結婚すら諦めていました。

結婚したいと思った理由、婚活を始めたきっかけ

第一に、25歳のときに友人たちが次々と結婚し始めたことです。

といっても結婚していったのは学生時代からオシャレに気を使い、女子校状態だった高校時代ですら彼氏を作っていた子たちばかり。

彼女たちのキラキラしさに目を細めながらも、幸せオーラでいっぱいな様子が羨ましかったです。

 

第二に、親友がオタク婚活で彼氏をゲットした事です。

彼女からオタク婚活について詳しく聞き興味を持ったことで、婚活に参加する決心をしました。

また、単純に気の合う異性とご飯などに出掛けてみたいな、という好奇心が湧きました。

婚活方法

親友が行ったものと似たような「オタク婚活」へ参加しました。

「○○県 オタク婚活」で検索しヒットした婚活サイトから検討し、最終的には男女とも20代限定のオタク婚活への参加を決めました。

 

私が参加したのはホテルの一室を借りて男女ペアで机に座り、数分のトークタイムの後に男性が次々と席をローテーションするもの。

お互い自己紹介カードが用意されており、そこへ好きなアニメや漫画のタイトルなどを書き込み、トークタイムの時にそれを見ながら会話していきました。

 

みんなオタクなので、書かれているタイトルはある程度知っているものばかりなのもあって、会話はある程度弾みます。

会話終了後に別で用意されたメモに相手の印象を書きとめ、すべての男性と会話が終了した後にメモを見ながら好みの男性の番号を提出、お互い一致すればマッチングです。

 

このオタク婚活で、私はお互い第一希望の男性の方とマッチングし、2年半付き合った後に結婚しました。

 

※関連

【女性向け】オタク婚活パーティー初心者のよくある質問&おすすめ

パーティーパーティーのオタク婚活に参加した感想レポ<男女スペック>

いない歴=年齢の女性が、婚活で結婚するために必要なことは何だと思いますか?

オタク婚活において、男性は話がつたない、もしくは会話を盛り上げるのが少し下手なのかなと思いました。

また、オタク話で盛り上がるといっても最初のみで、とある作品における自分と相手の理解度に相違があるとすぐに失速してしまいます。これはオタクあるあるです。

 

そこで女性が気を回して、知らないジャンルであっても興味を持って男性から話を引き出せれば、男性も気を良くして饒舌になってくれます。

これはオタクに限らないのかもしれませんが、話の濃度にムラができやすいのはオタクである為顕著です。

 

なので、こちらの準備として必要なのは、男性が好きそうなコンテンツを学習しておくこと、もしくはよく知らないジャンルの話でも積極的に興味を持って乗っかれることだと思います。

後者はオタクの男性相手でなくても必要なスキルです。

 

また、オタクは仲間意識が強い為、話がわかると思われるとかなり心を開いてくれます。

脱喪できて良かったこと

私はオタクだったのでオタク相手に婚活をして、話が合う男性と結婚できました。

やはりオタク同士で良かったと思うのは、お互いの趣味を尊重できる、また興味を持てる事です。

 

居心地の良さに繋がり、将来的に家庭を築く上でとても重要なことだと感じたためです。

一時期は突っ張って両親にも「私は恋愛なんかできないから、孫は期待しないで」と冷たく言い放っていましたが、いざお付き合いをして結婚した姿を見せると、両親も喜んでくれて安心したように見えます。

 

また孫の顔を見せてあげることができそうなので、親孝行にもなるかなぁと思います。

気の合う男友達から作り始めたBさん

2人目:気の合う男友達から作り始めたBさん

中学時代から続いている生粋のアニメオタクで、今で言う喪女でした。

二次元の恋愛に萌えていて、三次元の男性には興味なくて自分の趣味をわかってもらえないだろう、気持ち悪いと思われるだろうと思って恋愛から逃げていました。

 

ですが、おしゃれは好きで可愛いもの好きだったので、オタクではない普通の女友達も多くいました。

結婚したいと思った理由、婚活を始めたきっかけ

一番のオタク友達だった子が結婚したことにより気持ちが変わりました。

オタクでも許してくれる人がいるんだと現実として光が見えたことで、私にも恋愛できるかもと勇気をもらえたことがきっかけです。

 

一人での孤独死は怖いと思っていたので頑張ろうと思いました。

婚活方法

まずは恋愛をしたことがなかったので、合コンなどは絶対無理なのですぐに婚活アプリをしました。

自分の趣味に合う人じゃないとメンタルがやられると思ったのでアプリは最適でした。

 

そこからメールでやりとりして、気の合う男友達を作りながら恋愛に発展できるようにと考えていました。

まずは男になれることから始めて、恋愛体質になるように心がけました。

 

※関連

結局オタクの男女が一番多いマッチングアプリはどこか+よくある質問

オタク女子4人のペアーズ体験談レポ【出会った男の特徴など】

 いない歴=年齢の女性が、婚活で結婚するために必要なことは何だと思いますか?

まずはきっかけがないと、なかなか踏み出せないのではないかと思いました。

私も友達が結婚しなかったらあのまま二人で趣味世界に没頭していたと思いますし、なんの危機感も抱きませんでした。

なので、危機感を抱ける環境にぶち当たるのは大切だと思います。

 

あとは周りの後押しもいりました。

一人では考えるだけで実行にうつすことは難しかったと思います。

だれかに助言してもらうことで勇気を持ったり前に進むことができたと感じました。

いない歴=年齢を卒業できて良かったこと

一人では味わうことができない楽しさを得ることができました。

趣味も大好きな人と楽しむことで二倍に楽しくなりましたし、新しい趣味の扉を開くことができたので良かったと思います。

 

趣味の幅も広がって、自分を曝け出せる相手もみつかって、将来も安泰でいいことづくしだなと感じています。

一歩踏み出すことができて、本当に良かったです。

子供が欲しくなって婚活を始めたCさん

3人目:子供が欲しくなって婚活を始めたCさん

ゲームが趣味で予定がない日は家に引きこもりがちだった。

学生時代、それなりに活発な方で部活やバイトは経験するも女の子ばかり。

 

男性と出会う場が少なかった。

好きな人が出来て告白したことはあったが、玉砕して終わった。

 

社会に出てからは仕事を覚えるのに精一杯で、職場と家の往復になりがちな生活だった。

たまに遊ぶのは女友達ばかりだった。

結婚したいと思った理由、婚活を始めたきっかけ

結婚を意識した一番のきっかけは、子供が欲しいと思ったから。

また恋愛への憧れもあり、趣味を理解してくれる男性に絞って付き合う対象を探していた。

 

周りの友人が学生時代からの付き合いばかりだったので、違うコミュニティで探したかった。

婚活方法

婚活サイトのとマッチングアプリを使用。

趣味が合いそうだったり住んでいる場所が近い人(なかなか会えないのは嫌だったので電車で1時間圏内に絞ったり)にメッセージを送った。

 

マッチングしたあとは1週間ほどメッセージだけのやり取りをして、気が合ったら実際に会って食事に行った。

同時進行で2人以上とやり取りしたりもした。

 

※関連

オタク婚活サイトの特徴・使うメリット・人気でおすすめのサイト紹介

結局オタクの男女が一番多いマッチングアプリはどこか+よくある質問

オタク女子4人のペアーズ体験談レポ【出会った男の特徴など】

喪女の女性が、婚活で結婚するために必要なことは何だと思いますか?

一番大事なのは「こんな恋愛がしたいな」と思った瞬間に動くこと。

そして「理想ではなく相手を見る」こと。

最後に「相手と自分の幸福度のバランスを取る」こと。

 

実際に動き始めれば流れは分かってくるし、登録者の中に同じ趣味の人もたくさんいる。

ゲームでいうチュートリアルだと思って初動に二の足を踏まない。

 

また結婚相手に高い年収を求めたり、顔で選ぶとハードルが上がりすぎて相手がいない状態になる。

自分と同じくらいのスペックを基準にすると、幅が広がり相手からも受け入れられやすいので、高望みはしないこと。

 

大人しい女性ほど相手に尽くしがちだが、控えめにしておくべきだと思う。

男性は苦労して手に入れた女性ほど大事にする傾向があるため、結婚後も幸福度が高い場合が多い。

 

何もしないのは良くないので楽しい会話を提供するスキルと、何かご馳走になった時は次回お茶した時に自分が全額出す程度の気遣いでいい。

結婚できて良かったこと

悩みを聞いてくれる、アドバイスしてくれる人が身近に出来てメンタルが安定するようになった。

身だしなみにも気を使うようになってメイクが上達した。肌や髪が綺麗になった。

 

結婚してから家事のスキルが上がった。

特に料理はレパートリーが増えた。

 

自分も夫もお酒が好きなので、2人で晩酌するのが楽しい。

一人暮らしより経済的に余裕が出来たので趣味にかけられるお金が少し増えた。

オタク専用の結婚相談所でお相手を見つけたDさん

4人目:オタク専用の結婚相談所でお相手を見つけたDさん

小学生のころに初恋を経験しましたが奥手だったため想いを伝えることはできず、その性格がずっと続いていました。

中学生のときにアニメにはまり、大学生で一人暮らしを始めると同時にゲームもするようになり、友達から教えてもらった乙女ゲームをひたすらやり込むことで恋愛を体験するオタク女子でした。

 

さらに社会人になると金銭的余裕が生まれ、アイドル声優のライブなどで東京に遠征することを楽しみにし、リアルな恋愛とは離れていました。

結婚したいと思った理由、婚活を始めたきっかけ

高校からのオタク友達が結婚したのがきっかけでした。

幼いころから「30歳には子どもが欲しい」という漠然とした理想があったのも思い出し、このままでは私は田舎で独り身になってしまう、普通に恋愛をして家庭を持ちたいと考え始めました。

婚活方法

インターネットで調べるとオタク専門の婚活サイトがあることを知り、ものは試しと登録をしました。

高校は女子が多く、加えて女子大に進んだこともあり男性と話す経験が少なかったため、まずは会話をしてみたいと思いました。

 

実際登録してみると20代で、男性もよくやるゲームが好きだったこともあり、何人かと方からアプローチをもらいメッセージのやりとりを行いました。

その中に現在の主人がいて、主人の方から積極的に動いてくれたのが嬉しく、実際に会い、交際を始め、婚活を始めてから1年半、28歳で結婚しました。

 

※オタク専用の結婚相談所の詳細はこちら

 

※関連

オタクに普通の結婚相談所はオススメしない理由【お見合いで悲劇】

いない歴=年齢の女性が、婚活で結婚するために必要なことは何だと思いますか?

今まで男性と話したことが無い、コミュニケーションを取るのが怖いと感じる方が多いと思います。

ただ、「結婚をしたい!」という目標があるのならば、待っているだけでは向こうから結婚相手はやってきません。

 

乙女ゲームのような出会いも選択肢もありません!

婚活サイトに登録したり、何か行動を起こすのには勇気が必要だと思いますが、例え悪い結果だったとしても経験という価値を得たくらいの気持ちで始めてみることをおすすめします。

いない歴=年齢を卒業できて良かったことについて教えてください。

こんな自分でも恋愛が出来るんだと感じたのが素直に嬉しかったです。

何せ奥手な性格でしたから、恋愛はドラマやゲームの中、友達や知り合いにパートナーが出来ても自分には縁がない気持ちになり、そのたびに悲観的になっては2次元やアイドル声優の追っかけをしていました。

 

お付き合いを始めた瞬間、「あぁ、私に彼氏ができた」とステータスが増えたような気持ちになれました。

2次元のイケメンにハマり、現実の彼氏つづくりには興味がなかったEさん

5人目:2次元のイケメンにハマり、現実の彼氏つづくりには興味がなかったEさん

異性と話すと挙動不審になり、変な汗が出てくると言う症状がでた。

氏を作ろうと言うものの、作る気はさらさらなく、むしろなんでみんな彼氏を作りたがるのか理解ができない女でした。

 

二次元のイケメンゲームにハマり、月に数万円も課金し、痛バと呼ばれる缶バッジがゴテゴテについた鞄を持ち歩くような彼氏いない歴=年齢の女でした。

彼氏が欲しいと思った理由、恋活を始めたきっかけ

このままただただ二次元のイケメンコンテンツにお金を落とし続けても、将来が見えないと思ったから。

また、ずっと仲良くしてきたオタク友達に彼氏ができてしまい、これだと私1人取り残されてしまうと危機感を覚えたので。

婚活方法

今のご時世、街コンや婚活パーティーに参加するのは難しいと感じたので、マッチングアプリをインストールした。

とりあえず少しでもいいと感じたり、会ってみたいなと思った人には会うようにし、面接のように場数を踏むことで異性と話すことに慣れを感じていくような婚活をした。

 

※関連

結局オタクの男女が一番多いマッチングアプリはどこか+よくある質問

オタク女子4人のペアーズ体験談レポ【出会った男の特徴など】

いない歴=年齢の女性が、恋愛し彼氏を作るために必要なことは何だと思いますか?

まだ私は彼氏ができたと言う段階なので、はっきりとはいえませんがやはり「いない歴=年齢」ということをダメなことではないと考えることが必要だと思う。

わたしはいたことないから、モテないからなどと臆するのではなく、何色にも染まっていない白い画用紙のような女だ!と純粋さをアピールするべきだと思う。

 

もちろん、どのように接したら良いかわからないこともあると思うが、場数を踏んで自分の純粋さをわかってくれる人は必ず見つかると思う。

いない歴=年齢を卒業できて良かったことについて教えてください。

興味なかったものに興味が湧くようになったこと。

以前はゲームや漫画に執着して見えていなかった世界(カップルが行くようなイルミネーションや紅葉狩り)が見えるようになり、こんなに楽しいものだったんだと感心した。

 

いない歴=年齢をコンプレックスに思っていたが、今ではあの頃はあの頃、今は今なりの人生の楽しみ方があったなぁと振り返ることもできている。

ジャニオタで給料のほとんどをオタ活に費やしていたFさん

6人目:ジャニオタで給料のほとんどをオタ活に費やしていたFさん

彼氏いない歴=年齢の筋金入り喪女として、25歳まで生きてきました。

しかも18歳のときにジャニーズにハマり、休日や給料のほとんどをグッズやライブのために費やす日々を7年続けていました。

結婚したいと思った理由、婚活を始めたきっかけ

結婚したいと思ったきっかけは、一緒にライブに行っていたジャニオタ友達からの結婚報告でした。

その友達もあまり垢ぬけた子ではなかったので、同じ喪女だろうと勝手に思い込んでいたので、結婚報告を受けて初めて、長年付き合っている彼氏がいることを知りました。

当時それはそれは衝撃で、数日間食事も喉を通らないほどでした。

 

気持ちが落ち着いてまっさきに思ったのは、「一緒にライブに行ける友達がいなくなる」という焦燥感でした。

そこから3か月で泣く泣くジャニオタグッズを全て売りさばき、婚活パーティや友人の紹介を積極的に受け、さらにそこから3か月後、今の主人と出会い、交際し、結婚することになりました。

 

※関連

女ドルオタは彼氏ができない・結婚できない?モテる婚活方法を紹介

いない歴=年齢の女性が、婚活で結婚するために必要なことは何だと思いますか?

喪女が結婚するために必要なことは、がむしゃらな行動力だと思います。

1日1日年を取る中で、今がいちばん若くて綺麗だと信じてまっすぐ進みました。

 

「痩せてから」「化粧が上手になってから」「基本的な料理が作れるようになってから」など、婚活をまだ始めない言い訳は色々と出てきますが、一旦無視して今のベストで挑もうと駆け回りました。

そもそもが喪女で異性と話すことも緊張してうまくできなかったので、最初の数回は捨て試合だと言い聞かせて、休日のたびに婚活イベントの予定を入れ、たくさんの異性と話す練習を重ねました。

 

次第に慣れていき、そのころから婚活パーティでマッチングするようになりました。

「もし落ち込んだりダメだったら、またジャニオタに戻って癒してもらおう、今は一旦離れよう」と覚悟を決めて、オタク活動によそ見をしなかったのも大きかったと思います。

脱喪できて良かったこと

脱喪できてよかったこと、それは異性とスムーズに話せるようになったことです。

どのような形であれ、生きている限り異性と接するタイミングはありますが、そのたびにびくびくと顔色を窺い、大した会話ができない自分が嫌いでした。

 

婚活を通して異性に随分免疫が付き、怯えることなくそのままの自分で会話を楽しむことができるようになりました。

仕事もやりやすく、日常生活でもとっさのひとことがスムーズに出てくるので、人間関係で自己嫌悪に陥ることが少なくなり性格も明るくなったように思います。

人見知りでほとんど自宅にこもっていた歴女のGさん

7人目:人見知りでほとんど自宅にこもっていた歴女のGさん

歴史好きで、人見知りが激しいのでひとりで博物館や図書館に通い詰め、他の時間はほとんど自宅にこもっていました。

いわゆる娯楽というものには全く関心が無くて、大勢の人と賑やかに過ごすのが苦手でした。

結婚したいと思った理由、婚活を始めたきっかけ

自宅の近くで親子連れをときどき見かけたときに、どうしようもなく「羨ましい。自分もこういう家庭を持ちたい。」と思ってしまい、婚活することにしました。

婚活方法

今までお付き合いをしたこともないので、合コンとか知り合いの紹介で相手を探すのはとても無理だろうと思い、結婚相談所に入会しました。

会員は全て入会時に色々な審査(独身であるか等)を受けているので、真剣に相手を探している人がほとんどだろうと思います。

 

結婚相談所の仲介を通して、10人ほどの異性とお会いしました。

そのなかで、今のパートナーと出会いました。

 

その人もちょっとオタクっぽいところがあり、一つのことに熱心になりがちなタイプです。

その上あまり社交的ではありません。

 

なんとなくお互いに似たところがあり、独特の感性や感覚を理解しあえる仲なので、結婚して夫婦になりました。

 

※関連

歴女OKな彼氏と出会える・結婚できる婚活【アプリ・婚活パーティー】

いない歴=年齢の女性が、婚活で結婚するために必要なことは何だと思いますか?

結婚するのに必要なことは、無理しない自分で居られる相手を見つけることではないかと思います。

生活全体に関わってくることなので、無理しないとお付き合いできない相手だと辛いです。

脱喪できて良かったこと

結婚してよかったことは、自分の視野が広がったことです。

パートナーとは、好きな分野が少しずれているので、お互いのマニアックな情報を聞いたり、披露しあうのもまた楽しいです。

今まで知らなかった世界を知ることができます。

 

 

以上が、彼氏いない歴=年齢から、恋愛をして彼氏を作ったり、結婚された方の体験談でした。

最近はオタク専用の婚活はいくつもあるので、まずは同じ趣味を受け入れてくれる相手から探してみてください。



<スポンサードリンク>