漫画家と出会い付き合う・結婚する方法を漫画家に聞いてみた

こんにちは、ヲタ麻呂です。

今回は伝手が0の状態から漫画家の男女と出会う方法、結婚する方法について考えてみたいと思います。

またそれに合わせて、漫画家と結婚するメリット・デメリットについてもご紹介します。

 

オタクの男女にとって漫画家って、一般的な婚活市場の医者や弁護士みたいなもんじゃないですか?(笑)

オタクで漫画家の異性に憧れが無い人なんて、ほとんどいないと思います。

もちろん単純な憧れだけではなく、自分でもイラストを描いていたり、同人活動をしていたりしていて、同じ絵描きの異性と恋愛・結婚したいと思っている方もいると思います。

 

そう思ったので今回、私の方で漫画家さんご本人、もしくは周りに漫画家がいる方達に話を聞いてみました。

漫画家のアシスタントでもなく出版関係でもない、いわば伝手が0の状態から漫画家と出会い結婚したい方の参考になれば嬉しいです。



オタク限定の婚活パーティーはこちら

漫画家と結婚するメリット

まずは漫画家もしくは身近に漫画家の方がいる方に、漫画家と付き合ったり結婚するメリットを聞いてみました。

家の事をお願いできる

メリットは、漫画家はずっと家にいることです。家事や子供の世話、宅配受け取りなど、忙しくなければ対応できます。料理を趣味にしている漫画家も多いですから、共働きだと助かると思います。
在宅で仕事をするので、奥さんが子供を産んだ時に安心感があると思います。旦那さんが外で仕事をされている場合、奥さんが産後に少し一人で買い物に行きたいなぁと思っても簡単には行けません。
美容院や病院などに行くときも子供を連れて行かなくてはならなかったり、保育園の一時預かりなど、預け先を探さなくてはなりません。その点、旦那さんが家にいてくれると短時間でも見ていてくれるのでとても助かると思います。
在宅の時間が多いので家の事について事細かに気付いてくれる点も良い所です。女性だったら殆どは漫画で見た・出したい料理は作っておきたい!と知識も豊富で料理上手ですし、男性でも洗濯や掃除、料理に興味を持って取り組んでいたりします。
20代女性
20代女性
家で仕事ができて、スケジュール管理が自分でできるので家事や子育ての融通がききやすい。

一番近くで応援し、サポートできる

サポートを行うことで世に作品が送り出されていく様子をダイレクトに感じることが出来ます。また、ポージングなどの資料でパートナーが身体の動きなどを見せることも多く、で実はあのシーンには自分が関わった、という素晴らしい思い出も残せることがあります。
仕事が決まった時、本になったときの感動は自分じゃなくても本当に感動します。一番近くでそれを支えて見届けることができるのは結婚相手であるその人だけですから。だからといってそれがずっと続く保証はないので、そのひと時のうれしさや感動をいつまでも大事にして支えてあげる心の寛大さが必要だなと思いました。
20代女性
20代女性
旦那の姉が漫画家をやっています。旦那の姉は結婚していて姉の旦那さんに聞いたところ、メリットは1番に応援してる人の漫画が読めることだそうです。
漫画の画材を一緒に考えたり、背景を描くためにイメージ画を描きに遠出したりと楽しい思い出が多いと言っていました。漫画のモデルになる事もあったそうで、その漫画が売れると自分まで嬉しくなると言っていました。
メリットとしては、やはり作品を生み出した人の達成感を見られる瞬間に立ち会えることでしょうか。私としては、完成品が編集者や世の中にどの程度受け入れられていようがさほど気になりません。彼が自信をもって「できた!」と言う時の表情は、私の職場のどんな社員にも見られない顔つきです。

頼りになる人が多い

20代女性
20代女性
スケジュール管理や金銭管理のできる、ある程度自立した人が多いので頼りになる。(まったく逆の人もいると思いますが…)

転勤がない

漫画家と結婚するメリットは、転勤が無い事と在宅か自宅近くで働いている事が大きいと思います。転勤が無く在宅か自宅近くで働いている事のメリットは、パートナー側の人生設計も立てやすく、またパートナー側に転勤などの遠距離への転居が発生した際の対応も他の職業の方に対して取りやすい(アシスタントさんを多く雇っている場合は話は別ですが)所です。

浮気をする時間がない

友人に3人、SNS上に数人漫画家の知人がおります。漫画家と結婚するメリットは、まず漫画家の人はよほどのことがない限り相手を一途に想っており、浮気や不倫等といったことになることがありません。執筆作業をしていてその時間がないのかもしれません。

意外と食いっぱぐれない

20代女性
20代女性
収入は不安定だが、絵が上手な人は漫画以外の仕事もできるので意外とくいっぱぐれがない。
漫画家さんがしっかり締め切りを守るタイプの方でしたら、めったに仕事が無くなることはない職業です。漫画が描ける、イラストレーターとしても活躍できる可能性もありますので、パートナーである漫画家のお話、絵のファンでしたら一緒に応援して成長を見届けられる夢を共有できます。

一緒にいると知見が広がる

20代女性
20代女性
基本的にいつも漫画のネタを探しているので、漫画はもちろん小説、映画、絵画、演劇、歴史などに詳しい人が多いので、いっしょにいると知見が広がるのではと思います。

時間に融通が利く

場所も時間もある程度自由に仕事が出来、相手の都合に合わせやすいところが良いと思います。
以前の勤務先の同僚が漫画家さんとお付き合いしてその後結婚されたのですが、休日を合わせる必要がなく予定が組みやすかったり、在宅仕事なので家事を積極的に手伝ってくれていたり、急に実家(北海道)へ往かなければいけないときに付き添ってくれていたりと普通の会社員ではなかなか難しいだろうなという自由さはメリットだと思います。


スポンサードリンク

漫画家と結婚するデメリット

次に、実際に当事者や身近に漫画家がいないとわかりずらい、漫画家と結婚するデメリットを聞いてみました。

収入が安定していない

デメリットとしては、収入が安定していないことです。連載を抱えられる売れっ子になったら良いですが、単発の読み切りや挿絵のお仕事など、次のお仕事が決まるまで空白の時間が出来てしまう方もたくさんいらっしゃる世界です。
デメリットはやはり収入面が大きいと思います。よほど長期安定してヒット作を持っているごく一部以外の方は、収入そのものの安定性が無い事もさることながら、住宅ローンやクレジットカードなどの申し込みでかなり不利な扱いを受けてしまいます。
それを避けるためにあえてプロダクションから給料をもらう形にする事もありますが、ネームバリューなどの面で査定が通りにくい現状があります。住宅ローンなどは会社員や公務員などの審査が通りやすい職業についているパートナー側が申し込む方がスムーズです。
一番大きなものとしては、やはり収入や安定の無さです。漫画は連載が何本も決まったり単行本がそれなりに売れて初めて成功したと言える職業です。そのぐらいお金の面で安定していません。
例え一つの作品がヒットして話題になり、実写映画化、ドラマ化が決まったとしてもそれ一本では将来の不安は消えません。単行本が売れない限り定期的な収入は無いからです。
20代女性
20代女性
収入が不安定なことに加え、漫画作品を作りつづけることで精神的につらくなる人もいる。いずれにせよ家族のフォローが必要な場面がありそう。

生活リズムが乱れている

デメリットは、安定した収入が無い、体力が無い、人によっては生活リズムも違うかもしれません。私は社会経験のある漫画家は半分かそれ以下のイメージがあり、描く漫画の種類にもよりますが、社会的知識にかける場合があります。
30代女性
30代女性
漫画家さんのお友達がいます。漫画家一本で生計を立てている方で結婚はしていない方です。話を聞いていて思うことは、売れるまでかなりの時間がかかっていましたので収入面で不安だなと思いました。
売れてきている今、思うことは、とにかく寝る時間、食べる時間など日々の時間帯が合わない。心配になるほど、集中しだすと食べない、寝ない。時間のコントロールができない?ので、一緒に出かけるのも予定を立てるのもむずかしいです。

家のスペースを取る

仕事部屋もしくは仕事スペースが必要なので、家によっては少し狭くなるかもしれません。

忙しいため、一緒に過ごす時間が少ない

締切に終われると、お風呂にも入れないくらい忙しくなる事もあります。綺麗好きな漫画家なら大丈夫だと思いますが、潔癖症の方はその辺の対応を考えておく必要があるかと思います。
売れっ子だと忙しくて休みがないので仕事に理解があればいいが、週に一度は絶対一緒に過ごしたい!と思っている人などは厳しいと思います。
デメリットは何と言っても、漫画の原稿の締め切りが近くなると仕事以外の事が全て疎かになってしまうことです。こればかりは締め切りがきつくても仕事があるだけでも有難いので、結婚相手がフォローしていくしかありません。
20代女性
20代女性
売れっ子になると1日12時間労働がザラだったりするので、忙しくて家族と過ごす時間がなくなる。
締め切り間際になると忙しく昼夜逆転の生活になったり、パートナーにかまってられなくなることがあると思います。
今は規則正しくきちんとサイクルを決めて生活が乱れることなく執筆を進められる漫画家さんが多いと思いますが、それでもクリエイティブなお仕事ですので、ペンがのり始めるともったいないと深夜までお仕事を進めてしまう人も多いかと思います。
彼から「部屋を別にしたい」という要望があったので、賃貸物件の条件が限られました。今は2DKの物件に住んでおり、テレビもベッドも別々。顔を合わせるのは食事の時間くらいですが、彼の仕事のペースによっては、あまりそうした時間もとれないこともあります。
慣れないうちはシェアハウスをしているような感覚でした。家にいる時間を配偶者と長くいっしょに過ごしたいと考える人には向かない生活かなと思います。

一人になれる時間が少ない

漫画家さんは基本的に締め切りに終われる仕事ですし、自宅でずっと仕事をする人が多いので、四六時中自宅内にこもっている時間が多くなります。人とずっと同じ空間にいることが苦手な人にとっては、自宅内で作業をする漫画家さんとの結婚は結構大変に感じるかもしれません。
デメリットと見ていて感じたことは、納期に間に合わせるためにアシスタントを雇うので、自宅兼作業場だと奥様のプライバシーがあまりないというところです。
連載を抱えている漫画家さんはアシスタントの出入りが多いため、気苦労されると思います。作業場を他に移せるならいいと思いますが、なかなか売れるまでは(有名な漫画家の方でも自宅で作業している場合が多いです)難しいのではないかと思われます。
アナログ原稿の方はお家に、お仕事場にアシスタントさんを入れるので、なにかとパートナーの方は気を遣うかもしれません。

パートナーが体調を崩しやすいかも

デスクワークがひたすら続く時が多いので、体調管理や食事管理も重要です。ご自身でそうした管理をなさっている漫画家さんも多いようなのですが、パートナーにお任せすることで作業に集中するタイプの漫画家さんもおられます。
基本的に連載を持っている漫画家さんは編集者やパートナーが体調管理や食事管理に関わっていることが多いので、誰かをサポートすることが大好きな人にとっては、メリットにもなるかもしれません。
あまり家から出ないので不健康気味になりやすいので、奥さんの健康管理も大変かなあと思います。
20代女性
20代女性
体力が落ちるので、よっぽど好きじゃない限りアウトドア系の遊びから遠のいていく。体調管理もある程度面倒みてくれる人だと良いかもしれません。
20代女性
20代女性
やはり締切がちかくなると寝ずに一生懸命やっているので毎回心配になるとのことでした。ストーリーが思いつかなかったりすると思い悩んだりすることが多く、なんて声をかけてあげたらいいか迷うみたいです。
締め切り前等の忙しい時期は一日中背中を丸めて座りっぱなしであまり食事を取らなかったりほとんど睡眠を取らなかったりするので身体が心配だ、という話も聞きました。
在宅仕事であまり運動をしないので体型も大きくなってきて健康面で不安に思うこともあるみたいでした。

作品によっては紹介しにくい

親戚や友達に結婚相手が漫画家(特にアダルトだと)と言いづらく嘘をつくことがある。

雑務を手伝う必要がある可能性がある

アシスタントが雇えないときは、仕事(アシスタントとしての手伝いやSNSの管理など、税金まわりの雑務など)を手伝うこともある。

漫画のネタにされる可能性もある

20代女性
20代女性
エッセイ漫画家と結婚したら、恥ずかしいことや知られたくないことを漫画のネタにされる可能性がある。

 

 

いかがでしょう?

今回は現役の漫画家さんや、漫画家と結婚された方、また身近に漫画家の知人がいる方に話を聞いたので、なかなか普段漫画を読ませていただいているだけでは思いつかないようなデメリットもありましたね💦

 

でもやっぱり、憧れの職業の漫画家さんを近くでサポートしたい!という方も多いはず。

という事で、漫画家と出会い付き合う方法、結婚する方法について考えてみましょう。


///オタク専用の結婚相談所///

恋活・婚活で漫画家の異性と出会い付き合う、結婚する方法

後で恋活・婚活以外の場で知り合う方法もご紹介しますが、やっぱりその方法だと

  • リアルな場なので、出会える相手に限りがある
  • 声をかけた相手に彼氏・彼女がいるかどうかわからない
  • そもそも出会いの場ではないので、自分からグイグイ攻めないといけない
  • 会うまでに結構時間がかかる
  • 場合によっては出会い厨扱いされる

といったデメリットもあるため、先に結婚したい・恋愛したいと思っている漫画家の男女と出会う恋活・婚活について紹介しておきますね。

結婚前提なら、オタク専用の結婚相談所が一番漫画家に出会いやすい

数年前にとらのあなが「とら婚」というオタク専用の結婚相談所を作っていますが、こちらの会員データを見ていただくとわかるように、男女ともに漫画家が在籍しています。

 

また、過去に漫画家や同人作家の男性・女性と結婚された方のインタビューも掲載されています。

 

 

結婚相談所は結婚に最も近いですし、確かにお金はかかりますが人生のパートナーとして漫画家の異性と結婚できるのであれば、全く気にならない程度の出費じゃないかなぁと思います。

特に「とら婚」の場合は、男性は平均して11か月以内、女性は8か月以内に成婚しています。

 

これだけ成婚へのスピードが速く、しかも成婚しなかった場合は成婚料は支払わずに済むわけですから、どうしても漫画家と結婚したい方は1年間だけと期限を決めてでも「とら婚」で活動してみることをおすすめします。

 

オタク専用の結婚相談所「とら婚」:https://toracon.jp

 

 

 

 

街コン・婚活パーティー、マッチングアプリで漫画家と出会える?

いつもならアニメコンやオタク限定の婚活パーティーも勧めているのですが、こと「漫画家限定のアニメコン!婚活パーティー!」といった企画は一切ないため、おすすめしません。

特にアニメコンや婚活パーティーは参加するごとにお金がかかりますし、漫画家の男女を探すには明らかに効率が悪いです。

 

ではマッチングアプリはどうかというと、ペアーズなら以下のようなコミュニティがあるため、漫画家の男女と出会える可能性はあります。

 

数自体はそこまで多くは無いと感じるかもしれませんが、マッチングアプリ内で会員数が圧倒的に最多のペアーズでもこのくらいなので、そこは仕方がないかなと。

それにペアーズは有料会員にならなくても相手のプロフィールが見られるので、とりあえず登録して上のコミュニティから漫画家の異性を探してみて、良い人がいなければそのまま退会してしまうのもアリかなと思います。

 

ペアーズ:https://pairs.lv/

 

 

 

その他、伝手が0の状態から漫画家と仲良くなる方法は?

その他の漫画家さんと仲良くなる方法については、まずは漫画家さん本人に

  • どういった方法があるか
  • TwitterなどのSNSで声を掛けても迷惑ではないか(大丈夫な場合はアドバイス)

を聞いてみました。

 

20代漫画家
20代漫画家
TwitterなどのSNSが一番かと思います。ファンレターも送り続けると、年賀状が届くことがあります。
声をかけることは迷惑ではないと思います。単純に、作品を褒められるとものすごく喜びます!仕事で作品を作る過程ではなかなか褒められないし、とても苦しかったりします。褒められると、報われたような気持ちになるので、もし伝えたいことがあれば、素直に言って大丈夫だと思います。
Twitterの場合、いいねやリツイートを頻繁にしていると、履歴が残るので覚えられやすいかもしれません。コメントやDMは返事は来なかったとしても、漫画家は大事に読んでいます。時々、エゴサーチしている人もいるので、作品を読んだ感想をツイートするのも手だと思います。それだけでフォローしてくれる人もいます。
ただ、ストーカーじみていたら別です。こちらは漫画家さんのことは知っていても、漫画家は読者のことは知らないので、怖がらせないように距離感は大事にしてください。覚えられたな、と思ったら少しずつ距離を縮めると良いと思います。
20代漫画家
20代漫画家
声をかけることは迷惑ではないと思います。ただいきなりデートに誘ったり連絡先を交換したりするのは警戒される可能性大なので、その作家さんの作品のの感想を率直に伝えることをおすすめします。
Twitterでもイベントでも、作品の感想や「ここの絵が好き」などストレートに言われると嬉しくなります。ただ、同人誌界隈だとTwitterやイベントで出会って付き合いに発展した人もいますが、商業誌で活躍するような方はこの方法で関係が発展した、というのはきいたことがないです。
その作家さん本人も作家さんの作品が大好きでも、ただの「ファン」になってしまうと恋愛対象としてみてくれない可能性があるので、漫画作りを応援してあげる姿勢をみせることが大切です。(作品を書き続けられるように家事は自分がやるなど)

 

 

続いて、漫画家の知人がいる方が、漫画家さんから聞いた話もご紹介しておきます。

旦那の姉が漫画家
旦那の姉が漫画家
旦那の姉にきいたところ、イベントに来てくれると読者様に直接意見や感想が聞けるから嬉しい。Twitterでは、全てのコメントに返信することはできないけど、毎日来たコメントは時間が無くても全部読んでいるから毎回コメントしてくれると前もコメントしてくれた人だ!と認識している と話してくれました。
声のかけ方にしばりなどはなく、応援してます!と言われるだけでもとても嬉しいと言っていました。漫画の感想で、どの人物が好きか、なぜ好きになったのかを教えてくれると新たな人物像にも繋がっていくからぜひ聞きたい!感想は何回聞いても嬉しい!と言っていました。
コ〇ナの時期でイベントがなくなっているけど、読者がいなくなっているわけじゃないから、Twitterやインスタグラムではたくさん話しかけて欲しいって嬉しそうにはなしていました。私は漫画家では無いので、なにもいえませんが、旦那の姉とその旦那さんに聞いたことが役に立てば嬉しいです。
彼氏が漫画家
彼氏が漫画家
私の場合は大学時代に同人誌を書いている彼とお付き合いを始めた(そのことは出会ってから知った)ので、あまり「どういう場所・機会があれば知り合える」という助言は難しいのですが…。当時コミックマーケットなどの場で、SNSで知り合った人に声をかけてもらえたというエピソードは、彼から何度も聞いたことがあります。
自分の書いたものを、自分自身を知ってくれて、声をかけてくれたということは非常に嬉しく感じられるらしく、何年たっても「そういえば何年前の冬コミで…」などと思い出話が話題にのぼります。彼の感性ということもありますが、基本的に、そうしたお声がけを嫌がる漫画家さんや同人作家さんはいないのではないでしょうか。
友人が漫画家
友人が漫画家
漫画を書かれている方との交流があるのですが、その方との出会いはインターネット上に相手方が漫画を公開していたのを読んでいて、Twitterで感想のダイレクトメッセージを送ったのがきっかけでした。
SNS上でやりとりをするようになり、住んでいる県が近かった事から他の方と計5人で実際に集まって遊んでから、インターネット上以外でも付き合いが始まりした。
その頃はまだ趣味で漫画を描いていらっしゃる状況だったのですが、数年たった頃に出版社の方からお声がけがあったらしく漫画家としてデビューされました。
色んなSNSや投稿サイトで漫画を描かれている方がいるので、そういった方と交流をしていたらいつのまにか相手がプロの漫画家さんに…!なんて事もあると思います。それも「漫画家と出会う方法」のひとつなんじゃないかな、と思いました。
友人が漫画家
友人が漫画家
私の知り合いの漫画家に限っての話ですが、あまり出会いの方法はないと思います。本人も全く出会いがないと嘆いています。普段家にいることが多いため、ほとんど人との関わりがない生活を送っています。
たまの休みは同じ漫画家さん同士で交流したり、趣味に没頭する日々です。担当編集さんから人を紹介してもらうこともあるそうです。
イベントやTwitterでの声かけは少し躊躇するようで、あまり効果的ではないようです。声をかけてもらってもSNS上でのやりとりで済ませて、実際に会うことはしないようです
友人が漫画家
友人が漫画家
私のまわりにいる漫画家さんは、結婚はしたいけど仕事上1人でいることが多く出会いがなかなかないと言っているので、まず知り合いがいるなら紹介してもらうのが相手も安心で1番いいと思います。コミケやSNSなどは人と繋がれる唯一のツールなので声をかけてもらえるのは嬉しいみたいです!

 

 

伝手が0の状態から漫画家と知り合う方法として、意外とコミケ等のイベントやSNSで声を掛けるという方法はアリみたいですね。

ただしお相手の漫画家が売れていれば売れているほどファンとしか認識されないみたいで、そこからどうアプローチしていくかは相当難しそうです。

そもそも相手は恋愛や婚活モードでは無いかもしれませんし、ただ作品を好きと言ってくれる人なんて、ごまんといますからね。

 

親密な関係になれそうなのは、あくまでも同人活動をされている方か、もしくはデビュー前の漫画家さんかなぁと思います。

そう言う方を狙うなら、コミケやTwitterでどんどんアプローチしていって良いのではないでしょうか。

 

ただその場合にしても、やっぱり漫画家と付き合いたい・結婚したいなら、恋愛・婚活モードの漫画家が集まっているオタク限定の結婚相談所ペアーズが、一番手っ取り早いと思いますけどね。



<スポンサードリンク>