婚活で相手にオタク趣味を伝えるタイミング、打ち明け方、理解されるコツなど

こんにちは、ヲタ麻呂です。

以前、

  • 一般的にオタク趣味は非オタクの人には受け入れられにくい
  • 「オタクでも大丈夫」と言っている非オタクのほとんどの人が濃いオタク趣味を知らず、ラインを超えると一瞬で冷められる
  • オタク趣味が判明して、全て振り出しに戻る事も多い

ということで、オタクは出来るだけ同じ趣味の異性と付き合ったほうが幸せになれるのでは、というお話をしました。

オタクの結婚相手はオタク・非オタクどっちが幸せ?オタ夫婦に聞いてみた

 

特に最近は、オタクとしか出会えない「オタク婚活」があります。

具体的にはオタク街コン、オタク婚活パーティー、オタク専用の結婚相談所などですね。

 

※関連

向いてるオタク婚活診断&初めての人におすすめ・人気の婚活方法

 

そのため結婚後もオタクの趣味を続けたいのであれば、素直にオタク婚活をしたほうが幸せになれると思います…というのが私の意見です。

 

 

ただし中には、並行して一般向けの婚活も進めたいという方もいると思います。

そこで考えるのが、どのタイミングで、そしてどういった伝え方でオタクであることを相手にカミングアウトすればいいのか…ですよね。

また仮にオタク趣味を相手が理解してくれた場合、パートナーにはどんな風にオタク趣味を理解してもらったり共有しているのかも気になると思います。

 

そこで今回、パートナーにオタクであることをカミングアウトしたことがある方に

  • 婚活をする上で、どのタイミングで、またどういった伝え方で相手にオタクであることをカミングアウトすればいいと思うか
  • (相手にカミングアウトして理解してもらったことがある場合)パートナーにどのようにオタク趣味を理解・共有してもらっているか

について聞いてみました!

 

ただでさえ互いに条件が多い婚活の場で、ご自身がオタクと言うのは、(もし嫌われたらどうしよう…)という事で悩みの種になりがちだと思います。

そんな方向けに、ベストな「オタクであることを伝えるタイミング・伝え方」が参考になればと思います。



オタク限定の婚活パーティーはこちら

婚活で非オタクのパートナーに、自身がオタクであることをカミングアウトする場合、どのタイミングがおすすめ?

思ったよりも意見が割れました。

最初の自己紹介か、告白前にカミングアウトする

カミングアウトするなら最初の自己紹介か、告白前が良いと思います。オタクだからという理由で振ってくる人なんてやめた方が良いとは思いますが、付き合ってからカミングアウトして振られたら傷つくのは自分なので、だったら最初の方でカミングアウトしておいた方が良いと思います。
また最初の方で相手に知らせておくことで相手側も何かしらカミングアウトすることがあればしやすい雰囲気になりお互いに隠し事がない状態で交際をスタートできると思います。
20代男性
20代男性
最初の自己紹介時がいいと思います。理由は、初めに話しておいた方が共通の趣味になったりすると思うからです。それに初めにカミングアウトして気持ち悪がったりするような趣味を否定するような女性とは、僕はあまりお付き合いなどしたいと思わないません。
なので、最初の自己紹介時にご自身の趣味の話をカミングアウトしておけば、こちら側も相手側もパートナーの選別を早急に済ます事ができるのではないかと思います。
30代男性
30代男性
やはり最初の自己紹介でカミングアウトするべきだと、私は思います。確かに自己紹介で「私はオタクです!」と胸を張って言いづらいかとはおもいますが、それを隠した状態で仮に交際へと発展した後に何かの拍子で自分がオタクであることが知られてしまったらどうなるでしょうか?
「人の趣味だから、私は気にならないよ♪」とか「オタクだから恋人としてNGにしたりはしないよ♪」と言った許容範囲の広い女性だったら問題ありませんが、世の中には「オタクとか恋人としてマジ無理!」などと異常なほどオタクを敵視する女性もいます。隠し通したとして後からバレた時、に万が一フラれてしまうと言うリスクを考えるとやはり一番最初の段階でカミングアウトするのがベストだと思います。
30代男性
30代男性
自分の場合自己紹介の際、最初から興味があるという事は言っておく様にした方がいいかとかんがえています。理由としては、最初に言っておく方が相手がどの程度許容してくれるタイプの人か判断出来る材料になると思うからです。
許容してくれない相手の場合後々伝えると、じゃぁ嫌だ等の対応を取られることが面倒だし時間の無駄に終わってしまう。また、後に後にカミングアウトを延ばしたらどんどん言いづらい雰囲気になってしまう事になるからです。
20代女性
20代女性
非オタの異性相手であれば最初の自己紹介の時点で「アニメや漫画が好き」くらいは伝えておき、告白前に少しずつ自分の好きなものについて伝えていくのがいいと思います。
交際開始後やプロポーズ後にカミングアウトして相手がオタク趣味が嫌いな人だった場合、その先も付き合っていくのが難しくなる可能性があるので、付き合う前に相手を見極めるのが一番いいタイミングだと思います。付き合ったり結婚が決まったりした後に別れるのはもったいないし、ちゃんと合う相手を見つけた方が時間も有意義です。
やはり相手が非オタであるとわかっている前提ならば、私はまず最初にあって自己紹介する時に自分が何者であるか、オタクであるという事をカミングアウトすることが義務であると考えます。
相手の人がもしオタクは許せないという人であった場合、オタクを隠して付き合っても後々気まずい思いをすることになる可能性があるからです。お互いがカップルとしてやっていくためには核になる部分を曝け出し、もしオタクは嫌だったけどその人なら付き合いたいと思ってくれるならきっと上手くいくだろうと考えるので自己紹介のタイミングがいいと思います。
最初の自己紹介の時点でオタクである事はカミングアウトした方がいいと思います。自分のオタクにかけている時間とお金は相手に最初から知ってもらってた方が後から知らなかったと言われてもめんどくさいし、まず最初に軽くでもいいので自分がオタクである事を言って相手方のリアクションを見るべきだと思います。
自分は相手がオタクじゃなくて私の趣味に対して興味が無い人が良かったので最初にオタクなんだよねって言ってその後の異性のリアクションを見て判断してました。

付き合ってからカミングアウトする

30代男性
30代男性
カミングアウトするタイミングとしては、交際開始後がいいと思っております。最初の自己紹介では、自分自身のことを深く知らない状況ですので、カミングアウトしたら、嫌われてしまう可能性が大いにあります。告白前も同様です。ただ告白後で成功している段階であれば、少なからず相手は自分自身に好意を抱いています。
オタクであることをカミングアウトした際に、その事実が自分への好意より下回っていれば、カミングアウトしても別れることにはなりません。なので、交際開始後がいいと思っております。逆にポロポーズ後は、オタクを認めないとなった場合に立場が弱くなる可能性あるため、お勧めしません。
30代女性
30代女性
交際開始後が良いのではないかと思います。婚活中に交際を開始したということは、結婚を前提にお付き合いしていることになるわけですよね。お付き合いに発展した時点で少しは異性がふるいにかけられた状態なわけで、さらに自分に合った異性か判断する為にはお付き合いしている最中にオタクをカミングアウトしてみて、それでも大丈夫だと言ってくれたら結婚後も上手くいく可能性がグッと上がると思います。カミングアウトしてだめだったら、結婚後オタクのことで揉めるかもしれません。
交際開始後がベストだと思います。最初の自己紹介でカミングアウトするとただ引かれて終わってしまうか、オタクというインパクトばかり残って良い印象を持たれないかもしれないし、プロポーズ後など遅すぎるとなんで今まで言ってくれなかったの?とか隠すことなの?という雰囲気にもなりかねないです。
オタクであることをカミングアウトするのはタイミングが大事なので、ちょうど交際開始してお互いを知ってきたぐらいにカミングアウトするのが1番良いタイミングかなと思います。
交際開始後がいいと思います。自己紹介や、告白前の段階で全面に押し出してししまうと、自分の性格などを知ってもらう前に、かなり避けられてしまうのではないでしょうか。
プロポーズの後ですと、仮にこのカミングアウトが原因で婚約破棄・離婚などになってしまったばあい、家族や回りにも迷惑をかけ、自分自身も相当な負担がかかるはずです。ですから、やはりカミングアウトはプロポーズの前に行い、ある程度認めてくれるパートナーだと確認してから次に進むべきだと思います。

ほとんどオタク趣味をカミングアウトしない

30代女性
30代女性
最初に会う前に、プロフィールなどでお相手が漫画などに興味を持っていそうでしたら「自分も漫画を読むのが好きです。」位に軽く話してもいいと思います。その後デートなどでもし漫画などの話題になり、相手もその会話に乗ってきそうでしたらある程度は大丈夫と思われます。
全く漫画、アニメなどのオタク趣味に興味がない相手の場合、付き合ってから軽く「漫画を読むのが好き。」と話すくらいが良いかと思います。付き合っていたり結婚してるからと言って、全てを話す必要もないかなと思います。

 

 


ちなみに最後の方は、今も必死になってオタク趣味がバレないようにしているとのことなので、やはりいつかはオタク趣味をしっかりカミングアウトする必要があるのかなと。

その上で、最初の自己紹介の時もしくは少なくとも付き合う前にオタク趣味をカミングアウトするのが良いと答える方が多かったです。



スポンサードリンク

どのようなオタク趣味のカミングアウトの仕方、伝え方が良い?

オタク趣味はオタク趣味でも、少しずつカミングアウトするのと、一度に全て伝えるのでは、相手の受け取り方も変わってきますよね。

オタク趣味の打ち明け方についてもアドバイスを貰ってみました。

初めに全てオタク趣味を打ち明ける

単刀直入に「自分はこうゆうのがどのくらい好きで、どのくらいオタクです」と具体的に伝えるのが良いと思います。遠回しに伝えても、オタク趣味が全く無い人には伝わりづらいし、うまく伝わらず後から何か言われたら大変なのは自分です。遠回しに少しづつ明かしていくより、潔く伝えた方が好印象のような気がします。
またこんな物も買っている見ていると具体的に伝えれば、そのジャンルを知らない人でも調べればどの程度オタクなのかが分かりやすいと思います。
30代男性
30代男性
自分の場合は、最初の自己紹介の段階からわりと好きだと直球で言っておきます。軽く興味があるくらいだと伝えるとその程度のイメージをいだかれる事が多いので後々の線引きが曖昧になる、もしくは厳しくなるので好きな事は好きだと伝えた方がいいとおもいます。
その上で相手の好きな事はちゃんと聞いておいて、相手の好きな事を許容できるようにその事にもしっかり興味を持つようにした方が、自分の好きなディープな所まで説明するときに相手に伝わりやすく理解してもらいやすくなりました。

少しずつ段階を踏んでカミングアウトする

30代男性
30代男性
最少は、会話の節々で近しい話題が出た場合に、自分の知識を少し織り交ぜる程度でいいと思います。相手に、「この人は意外と知っているんだな」と思わせる程度です。それにより、少し相手に気づかせることができれいれば、第一段階完了です。
そして、完全に告知する場としては、お酒を飲みかわすシーンがいいかもしれません。お酒を飲む場では、相手を笑わせようとしているのかと、心理的に思ってくれる可能性もあり、意外と受け止められやすいです。
20代男性
20代男性
最初の自己紹介時に、まずはメジャーなアニメが好きと言う話をして、そこから徐々にいろいろな作品の話などをすればよろしいと思います。理由は、タイトルや表紙などで偏見な目で見る方が多いと思います。
なので初めは偏見の少ないメジャーな作品の事を話題に出して相手の様子を伺いながら徐々に話題を広げていく形がよろしいと思います。相手も話題に乗ってくれるような場合は、おもしろい作品などを一緒に視聴または紹介などすればよろしいと思います。
30代女性
30代女性
最初は軽く伝えるのが良いと思います。アニメに興味がある、とか。あと最近はオタクについて特集されている番組があるので、それを一緒に見て「どう思う?」と聞いてみるとか。それで反応が良ければ、このアニメが好きなんだよね、とか、ゲームをやるんだよね、とか、徐々に深い話に持っていって様子を見るのが良いと思います。
どこまでだったら引かれないか人によってかなり違うと思うので、見極めはとても大事だと思います。慎重にいくのが良いと思います。
私はジャニーズオタクだったのですが、テレビを見ていて「このグループどう思う?」と聞いてみて反応を先ず伺い、その後この曲良いよね~など世間話し的な雰囲気で繋げ、「実はこのグループのコンサートに行ったことがあるんだ」と告げてまた反応を見て、大丈夫そうであれば「実はこのグループがずっと好きでね…」とオタクであることを徐々にカミングアウトしていくのが1番良さそうでした。
いきなり一気にカミングアウトより、相手がそのことに対してどのように思っているかの反応をまずチェックすると良いと思います。
いきなり最初に一か八か思いきって言う方法もあると思いますが、やはり徐々に伝えていくほうがいいと思います。その時セットで別の趣味も伝えて行けば、多くの趣味の中のひとつと見てくれるかと思います。
例えば、オタクの趣味を少し話して、続けて最近読んだトレンドの本の話しにもっていくとか。そのときに、上にも書きましたが、マニアックな本ではなく、その時流行りの沢山の人が見るような本を選ぶと、何かに特別偏り過ぎている人ではないと思われると思います。
最初は軽めにアニメとかゲームとか好きなんだよねって事を伝えて、彼の目の前で人気なアニメを一緒に見たり、ゲームを一緒にしたりして、彼氏の様子を見ながら一緒に全てやることでオタクっていう違和感を無くしてしまってから、1人でやり込めるゲームをしたり、深夜帯のアニメをみたりしても
これなんのアニメ?ゲーム?って言われても「こういうアニメも見るんだ〜ゲームもやるんだよね」って伝えれば、もう彼氏はアニメやゲームに違和感はないのでフーンで終わるんでオススメです。

普段の会話の中で、さりげなく打ち明ける

30代女性
30代女性
よっぽどお相手がオタク、漫画やアニメに嫌悪感を持っていない限り、改まって言うような内容でもないと思いますので普段の会話の中でさりげなく話すのがいいかと思います。
他にも、一緒に住んでいたり部屋で過ごす機会が合った場合、テレビなどのCMなどが流れた時などさりげなく「こう言うの見るんだ。」などと話すのがオススメです。真面目に真剣に話すよりも、何かきっかけがあった時に軽い口調で話す方が相手にも自分にも負担にならないと思います。

子供の頃に見ていたアニメの話をしてみる

30代男性
30代男性
まずは子供の頃に観ていたアニメの話から入っていくのが、一番良いカミングアウト方法かと思います。世代にもよりますが自分が子供の頃、同級生のほとんどが観ていた様なアニメを話題に出してみて「あのアニメ懐かしいよね~♪」とか「アニメのグッズとか買ってたよ~♪」と言った感じで思い出話風に伝えてみると良いかもしれません。
あとは興味があるか分かりませんが、例えば今ワイドショーでも取り上げられる事が多い「鬼滅の刃」を話のネタにしてみると「観た事は無いけど知ってる!」とか「周りも観てるし試しに観てみようかな?」と言った会話に繋がる可能性もあります。
結論としては子供の頃のアニメにまつわる思い出話をきっかけにして、徐々に様子を見ながらディープな話題へと繋げていくのが一番かと思います。

相手のオタクレベルに合わせてカミングアウトする

20代女性
20代女性
私は実際に行ったのは相手に「アニメや漫画は見ますか?」と聞いて、相手の答え方によって伝え方を変えます。誰もが知っているような人気のアニメや漫画が好きと言われたら、自分も好きと伝えてまずはアニメや漫画が好きなことをわかってもらいます。
そこから少しずつ「このアニメは?漫画は?」と相手がどのくらいの作品を知っているか探っていき、相手が知っているレベルやそれに対してどう思っているのか聞いてから、その相手に合わせたくらいのアニメや漫画でカミングアウトしました。相手が理解してくれるかどうかは、相手がそのアニメや漫画に対して否定的じゃないことが条件だと思うからです。

オタ趣味以外にも触れて、オタク度をマイルドにする

カミングアウトをする際会話などで場が温まっている場合には自分の趣味を3つくらいあげて、前と後ろに番人受けするような趣味を持ってきて間にオタクな趣味を入れてさらっと流すように伝えるといいと思います。
そこでアニメについね質問されたらアニメは好きだけどジャンプ漫画など王道な作品も好きだし実はこんなコアなアニメも好きなんだと幅の広さをアピールしてあくまでもいろんな趣味がある事を押し出しながらさりげなくオタクを小出しにしていくといいと思います。

 

 


こちらに関しては意外と、徐々にカミングアウトしていくのが良いという意見が多かったです。

つまりここまでをまとめると、自己紹介の時点でとりあえずオタクだという事は伝えておいて、実際に付き合うまでに少しずつオタク趣味の濃度をばらしていって、告白する(される)前までには自分のオタク趣味を完全に打ち明けている状態にする…のが良いと言ったところでしょうか。


///オタク専用の結婚相談所///

非オタクと付き合う場合、パートナーにオタク趣味を理解してもらったり、共有するコツは?

付き合ったり結婚した場合、仮に相手が非オタであったとしても、少なくとも趣味の理解はしてもらわないと、パートナーとは言えないと思います。

では、どうやって非オタのパートナーにオタク趣味を理解してもらえばいいのでしょうか?

オタク趣味があっても、パートナーが一番だと伝える

30代男性
30代男性
オタクである以上、追いかけるものがありますが、それは彼女以上になってはいけないことだと思っております。好きな趣味はあるが、どんな時でも、パートナーが一番であることを常に伝え、その上で、自分の好きなことをやることに了解を得ております。
彼女に言われたことですが、オタクが嫌いという訳ではなく、自分を差し置いて、他のことを一番にされると、自分の存在意義がわからなくなる、それが怖いと聞きました。なので、パートナーガいる以上は、パートナーが一番であることを忘れないでください。

オタク趣味を押し付けない

オタク趣味は自分のお小遣いの範囲で済ますことが大前提です。自分のお金を使っているのなら何を言われようと言い返せます。また、ある程度は今はこうゆう物を見ているとか今度はこれを買おうと思っているなどは伝えてパートナーにも興味を持ってもらえるようにはしますが、押し付けようとはせず最低限の話にとどめます。
自分も興味の無いジャンルを押し付けられたら嫌だからです。また相手の趣味にも理解を示し、少しは興味を持つことで自分の趣味にも理解を示してもらえる様にします。

相手の趣味も理解しようとしてみる

30代男性
30代男性
理解してもらうために相手の好きな事のを理解するようにしました。例えば相手が洋服が好きな場合、極論かもしれないが、相手も洋服オタクということになるとおもうので、そう考えると相手のオタクの部分を理解しやすくなるので、そこから十分に理解するようにしていくと自分のオタクの部分、多少ディープな所も理解してくれることが多かったようにおもいます。理解・許容してもらうために自分も同じように理解・許容するようにして共有していました。

一緒に作品を見たり聞いたりしてもらう

結婚した際に全てのCD、DVD、写真集などを持ってきたのですが、車でCDをかけてこの曲が良いんだよ~と少しずつ曲を聞いてもらうところから始め、歌番組を一緒に見たり、ライブのDVDを見せてこんなに面白い面もあるんだよ!と違う一面を見せたりしてそのグループがアイドルアイドルしていないことをまず伝えました。
そこで少しずつ理解を得られるようになってきて、こんな面白いグループなんだと気づいてもらえて、今ではどの歌も歌えるし結婚式の入場曲に使うまで理解を得ることができました。
最初からカミングアウトをして、とにかく彼氏の機嫌がいい時や楽しい雰囲気の時に一緒にアニメを見たりゲームをしたりする事をしました!
ゲーム機を持ってなければ彼氏にプレゼントをして一緒に出来るモンハンやポケモンをやったりして、とにかく一緒にすることを大事にしました。
まだ付き合って最初の方だったので、相手も私の事が大好きで私を理解しようとしてくれている時期だったので、とにかく一緒にしてもらって趣味を理解してもらいました。

大衆向けのアニメを少し勧めてみる

20代男性
20代男性
パートナーでも見てくれそう、簡単な話、あまり長くない、それでいてハマってしまうような作品を紹介して一緒に視聴していくうちに、偏見などはなくなりました。僕は小説やライトノベルなども好きなのですが、今ではパートナーもちゃんと理解してくれるようになりました。
あまり自分の趣味を押し付けたりしても相手には負担のように感じると思うので、趣味の共有はできなくとも理解してもらえるよう多少の我慢や努力が必要だと思います。

直接「オタク趣味ろ理解してほしい」と伝える

非オタの異性と交際した時私は、パートナーに対して最初に私は絶対アニメを嫌いになれないから諦めて!と宣誓しました。するとびっくりはされましたが圧に押されて納得してくれたので、後は彼にアニメを布教しながらコスプレをしてみたりして興味を引いていた所、きちんとアニメに興味を持って好きになってくれたので良かったです。
反対に私も彼の趣味を理解するよう心がけているのでこの辺りはギブアンドテイクだとおもいます。お互いを思いやる事で理解しようとしています。

お互い趣味にはあまり干渉しない

30代男性
30代男性
パートナーが非オタクだった場合、私は無理にオタク趣味を理解してもらおうとは考えないかと思います。確かに同じ趣味を共有できる状態である事は、素晴らしい事だと思います。私自身妻には自分のオタク趣味を理解してもらっているし、一緒に楽しんでいます。
しかし、もし妻が私の趣味を理解してくれなかったり共有しようと言う考えの持ち主では無かったら私は無理に理解してもらいたいとは思いません。なぜなら感性は人それぞれで興味の無いものを押し付けられる事ほど、苦痛な事は無いからです。
もし私のパートナーが非オタクだったなら「無理に理解はしてもらわなくても良いので、自分の趣味を否定する事だけはしないでほしい」と伝えます。無理に押し付けようとしたり、理解させる必要は無いのではと言うのが私の率直な考えです。
20代女性
20代女性
非オタの夫と結婚しました。アニメや漫画は私が勝手に楽しんでおり、夫は干渉してきません。夫はもともと工業高校出身でオタクの友人が多かったからか、私の趣味も理解してもらっています。
好きになったアニメや漫画は「おもしろいよ」と話だけして、夫も興味を持てば一緒に観たり読んだりしますし、夫が興味を持たなければ私一人で楽しみます。また、出かける際にアニメや漫画関連のイベントに参加するときもどういうものに行くか伝えますし、買ってきたグッズも見せたりします。
あくまで、趣味のひとつとして理解してもらっています。普段は家にいるときも、子供の送り迎えや勉強・家事などのこともあり時間が無いので、趣味は空いている時間になります。
活動としては、基本的に一緒にいる時はなるべくパートナーに合わせて、二人で出来ることをするように心がけ、パートナーが仕事とか、自分が早く起きた時など、一人の時にするようにしています。そうすることで、パートナーの趣味もありますので、お互いそれほど無理なことはないです。

おわりに

以上が、非オタのいパートナーにオタク趣味を打ち明けるタイミングと、打ち明け方でした。

ただ初めにも今はオタクとしか出会えない婚活は沢山ありますので、よっぽど彼氏・彼女が非オタが良いという場合以外は、やっぱり初めから趣味を理解してくれるオタク婚活が良いのでは…と思います。

     

    ※関連

    向いてるオタク婚活診断&初めての人におすすめ・人気の婚活方法

     

    ただし並行して非オタとの婚活を進める場合は、この記事を参考に、共有はできなくても拒絶されない、オタ趣味に干渉しないパートナーをゲットしてくれると良いなと思います!

     

    ※関連

    オタクの恋愛が難しい、婚活がうまくいかない、結婚が無理な19の理由

    恋愛を諦めるな!オタク男女がモテる方法を一般人様に聞いてみた



    <スポンサードリンク>